ハンドメイドの委託販売は売れない?

どうもです!
クラフト作家が習いに来るレジュフラワー・UVレジンアクセサリー教室
「P*(ピィ)ハンドメイドアクセサリー」改め
半年で教室を満席にする
ハンドメイド講師コンサルタントの三上美幸です。

※今回はメルマガで配信したノウハウ記事です!

ハンドメイドをお仕事にする人の
増加が本当に止まりませんね!

ハンドメイドマーケットプレイス
minneの会員数の増加も、ものすごいです!

2016年度:20万人
2017年度:32.8万人

1年で2.8万人の増加したそうです!

今後もハンドメイドを仕事にする人は
増える一方ですから、今仕事として
やっていらっしゃる方は、

早く売れっ子にならないと
どんどん価格競争や
人数増加で売れなくなる一方です。

スピーディに売れっ子にならないと
いつまで経ってもそのままです。

きちんと学んで、きちんと
行動して、きちんと実績を
伸ばしていきましょう!

では!
ブログ診断をお申し込み
下さった方からご質問を
いただいたのでシェアしながら
回答させていただきます!

実店舗1店舗で委託販売しているのですが、
黒字になりません。

何が売れたことはわかっても、
リピーターさんが買ってくれたのか

ご新規さんだったのかはわかりません。

お店全体でどういうものが売れる傾向に
あるかは教えてもらえるので、

実行してみても売上になかなか反映しません。

今は納品前にアメブロで、 こういうものを
いつ納品しますと 画像貼って紹介したり、
LINE@に登録してくれている方のみの

先行販売もしていますが、 反応がありません。
pcがなくてすべてタブレットで ブログもLINE@も
やっているので、

pcでやっている方と比べてできないことも

あるかと思いますが、 どうぞよろしくお願いします。

 

本当はいくつも言いたい事があるのですが(笑)

根本的な話からしてしまいますね。

なぜ委託販売にこだわるのか??

委託販売というのは、自分の姿を
お客様に伝えることはできません。

なので、お客様からはただの商品
としてしか見られません。

では、ただの商品ということはどういうことか。

お店に売っている商品の1つ。

どんなに作った過程があったと
しても伝わることはほとんどありません。

商品が本当に素晴らしく美しい商品で
この商品がどうしても欲しい!
と思わせる自信がある商品なら
委託販売してもいいと思います。

でも、他のハンドメイド作家と
比べるほどの代わり映えがない
ものなら、委託販売で売っている
意味があるのでしょうか?

では、人は商品を買うとき
同のようにして購入していくのか

人は、この商品が必要だ!

と思ったものにお金を使います。

お金をかける必要のないものは
購入しません。

そして、現在は物が溢れている時代です。

「物」を買うという時代から
「事」を買うという時代に移行しています。

では、販売するときの「事」というのは
どういう事なのでしょうか?

例えば、
「商品に物語があり、物語が分かる商品」
作る過程が分かったり、
その商品への思いが分かる物語が
あって、その物語が素敵!

と思った人は、商品を購入しますよね?

ただ、作品の写真を作っただけ
の写真を載せて、素敵と思われる
のはものすごく難しい事なのを自覚
しましょう。

そうすると、作り手と購入者が
つながる事のできる自分のネット販売
の方がお客様が作品の背景が見え、
商品が売れます。

また黒字が出ないというのは
販売価格はどう設定しているのでしょう?

材料費、作業台、委託販売の場所代

など差し引いて利益が出ないのは
なぜでしょうか?

まず、商品そのものの値段よりも

自分が毎月いくら売り上げたいのか
自分が今後どうなっていきたいのか
を考えて値段設定していきましょう!!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。